2016年8月24日 (水)

患者さんも職員も満足できる看護・介護をめざして

こんにちは!
国分中央病院には、入院患者さんの状態によって役割の異なる、4つの
病棟があります。今回はそのうちのひとつ、私たちの勤務する「1B病棟」
からのご案内です。

1B病棟には38床のベッドがあり、「在宅復帰機能強化型の療養病棟」と
なっています。ちょっと難しいですよね…。主にどのような役割の病棟か
というと、けがや病気などでどこかの病院に入院された方で、「治ってき
たけど、自宅に帰るにはもうちょっと治療やリハビリが必要」という患者さ
んに、主にご利用いただきます。今はご高齢の方が多く、ご自宅や介護
施設に帰ることを目指して、入院生活を送っていらっしゃいます。

Blog201608243_2

私たち1B病棟の看護師・介護職員一同、できるだけご自宅にいる時と

同じ様な環境づくりを心掛け、制限された入院生活を安全・安楽に過ご
していただけるよう援助させていただいております。

また患者さんにご満足いただくために、病棟の職場環境にも目を向け
ています。職員みんなが笑顔で働きやすい環境を作って、患者さんや
ご家族に少しでも多くの笑顔になっていただけるよう努めています。

患者さんやご家族の相談にも、親身にすぐ対応できるように心掛けて、
「いつも笑顔」を合言葉により良い看護・介護を目指して、1B病棟ス
タッフ一同これからも頑張ります。

Blog201608244

2016年8月16日 (火)

国分下井海岸をお掃除しました。

暦の上では秋となりましたが、暑さはまだまだ引く気配はありません。汗を
かいての脱水や、暑い日差しでの熱中症は大丈夫でしょうか?

季節柄、海で活動される方が増えています。今回、7月23日に下井海岸の
清掃活動を行ってまいりました。海岸ということで、裸足で歩いても危険が
ないようにと、いつも以上に目を凝らしながら収集させていただきました。
炎天下での収集作業で、参加した病院スタッフも大量に汗をかきながら、
皆様の夏の思い出の少しでも手助けになればと頑張りました。

海水浴等で夏の疲れが出やすい頃です。健康にはくれぐれも気をつけて
いただけたら幸いです。

Bbq_cleanup

2016年8月 8日 (月)

熱中症に気を付けましょう!

8月に入って気温も上がり、暑い日が続くようになりました。
テレビでも『熱中症』の言葉を聞く機会が増えてきたのではないでしょうか。
今回は熱中症の症状と予防についてお話します。

熱中症では、高温多湿な環境に私たちの身体が適応できず、さまざまな症状が
でてきます。

1 めまいや顔のほてり
  めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状は熱中症のサインです。

  一時的に意識が遠くなったり腹痛になったりすることがあります。

2 筋肉痛や筋肉のけいれん
  手足の筋肉が「つる」(こむら返り)を起こしたり筋肉がピクピクとけいれん
  したり、硬くなることがあります。

3 体のだるさや吐きけ
 
体に力が入らずぐったりしている。

  吐き気やおう吐、頭痛などを伴う場合があります。

4 異常な汗のかきかた
 
拭いてもふいても汗が出る、もしくは汗がまったく出ていない。

  汗の出かたがおかしい場合があります。

5 体温が高い、皮フの異常
 
体温が高くて触ると熱い、皮フが赤く乾いているなどの症状があります。

6 まっすぐ歩けない、呼びかけに反応しない
 
声をかけても反応しなかったりおかしな返答をしたり、また体がガクガクと

  ひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があります。

以上のことがいくつもある場合には、重度の熱中症になっている可能性があります
ので、すぐに病院に行きましょう。

熱中症には、いつでも、どこでも、だれでも、条件しだいでかかる危険性がありま
す。
以下のことに気を付けて、熱中症にならないようにしましょう。

◆ のどが渇いてなくてもこまめに水分を摂りましょう
 (スポーツドリンク等の塩分や糖分を含む飲み物)汗で失われた塩分の補給にも
   なります。

◆ バランスのよい適切な食事と十分な睡眠をとり、体調を整えましょう。
  寝苦しいときにはエアコンや扇風機を使って睡眠不足にならないようにしましょう。

◆ 気温と湿度を気にして暑さを和らげましょう。
  日差しを遮ったり、風通しを良くしたり、エアコンを使うなどして、自分のいる
  環境を快適にしましょう。
  これくらいの暑さは大丈夫と我慢するのは禁物です。

◆ 屋外では帽子や日傘で直射日光を避けましょう。
  飲み物を持ち歩いてこまめに水分をとり、休憩もこまめにとって、無理しない
  ようにしましょう。

2016年8月 2日 (火)

第52回霧島国分夏まつり参加しました

7月16日に行われた第52回霧島国分夏祭りの霧島総おどりに当病院も参加しました。

梅雨の時期という事もあり、直前の開催が危ぶまれるような大粒の雨や総踊り中にも
小雨に見舞われましたが、皆の熱い願いが届き無事に終えることができました。

 「霧島総おどり」は、毎年6000人以上の参加者で、国分の中心市街地を特設舞台
上で弾かれる三味線の生演奏(おはら節、ハンヤ節、おじゃんせ霧島)に合わせ2時間
ほど踊り歩くイベントです。
今年は108の団体が参加し、その中の1団体として当院から約50名の職員が参加い
たしました。皆、最後まで笑顔で楽しく参加することができました。 

私たちは総踊りに参加するために約3週間前より、お昼の休憩時間を利用して皆で踊
りの練習を行いました。その成果もあって息の合った団結力溢れる踊りを披露するこ
とができました。

当院は地域に根ざした病院づくりを目指しており、地域のイベントへ積極的に参加し
ています。
職員同士の結束はもちろん、参加された地域住民や参加された各団体との交流も深め
ることができ、有意義な時間を過ごすことができたと感じています。

02_2

01_3

診療技術部 臨床工学科のご紹介

臨床工学技士とは1987年に医療に関わる職種として誕生しました。
看護師(1948年)、薬剤師(1960年)など他の医療職に対して比較的、新しい資格
です。
今回は臨床工学技士の業務に関して少し説明したいと思います。

主な業務は、血液透析、高気圧酸素治療、生命維持装置(人工呼吸器・人工心肺)、
などの医療機器の操作・管理を行っています。
最近では、だいぶ認識されてきましたが、世間一般的に見ると看護師、薬剤師ほど
は、知られていない職種であり、仕事の内容をまだまだイメージできる方は少ない
と思います。

血液透析は、腎不全などで機能が著しく低下した腎臓の代わりに、体内の血液にある
過剰な水分や不要な老廃物など、透析機械のダイアライザー(人工腎臓)を通して取
り除き、きれいになった血液を体内へ戻す透析療法です。通常、1回の透析時間は開
始から終了まで、約3~4時間かかり1週間に2~3回ほど行います。

高気圧酸素治療には救急的適応として、低酸素性脳機能障害、脳梗塞、急性心筋梗塞、
ショック(敗血症性)、腸閉塞、(イレウス)など、非救急的適応として、難治
性潰瘍(褥瘡など)に伴う抹消循環障害、熱傷または凍傷など(「日本高気圧環境医
学会」)、通常より高濃度の酸素を体内に取り込むことで病態の改善を図ろうとする
治療法です。

また、人工透析・呼吸器など医療機器の保守・点検を行い、いつでも安心・安全に使
用できる様に対応しています。

今後とも患者さんや地域の皆さんに信頼していただける治療を目指し、努力を積み重
ねていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

2016年7月25日 (月)

第14回 「健康教室」を開催します(ご案内)

梅雨が明け、毎日あつい日が続くようになりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

当院では、8月3日(水) 10:00から1階サロンにて「夏バテしない体づくり」
をテーマに 健康教室を開催します。

夏バテ予防の食生活のポイントやレシピのご紹介、試食を準備してお待ちして
おりますので 暑い中ではありますが、お気軽にご参加ください。



 ■ 夏バテしない体づくり   
               
管理栄養士:黒丸 加奈子

 日 時: 平成28年8月3日(水)
               10:00~10:30 

 場 所: 当院1階 サロン

 参加費: 無料

お問い合わせ先:  
               医療法人美﨑会 国分中央病院 栄養管理室
               Tel  0995-45-3085

2016年7月20日 (水)

身体拘束廃止を目指して

身体拘束とは「治療に支障となる挙動がある」または「事故の危険性がある」場合

  例えば                                                                                        
 「点滴の針を抜く行為」や「酸素マスクをはずす行為」「栄養チューブを
   抜く行為」「自分の体に傷をつける行為」「多動による転倒転落」など 

に患者さんの安全を守るためにどうしても必要な場合には、ご家族の了承・要望に
沿って、抑制帯や拘束用手袋(以下ミトン)の使用を余儀なくせざるを得ない場合
があります。

しかし、身体拘束を行うことで人間としての誇り・尊厳を奪うことになるので我々
は、身体拘束廃止の取り組みを行っています。

改善の1例として以前、経管栄養チューブの自己抜去や痒みがあり、体を掻きむしる
行為をして傷をつくってしまうため、ミトンを着用して抑制をしている状態で、転院
して来られた患者さんがいらっしゃいました。

そこで、私どもの病棟で身体拘束解除への取り組みを開始しまし、週に1度、多職種
にて話し合いを行い、それぞれの職種で見守りを行っている間、ミトンをはずす時間
を少しずつ長くしていく事や爪のケアなど、根強く継続していくことで、時間がかか
りましたが現在では日中において全く拘束をしていない状態となっています。
多職種間で連携を図り、チームとして取り組んだ結果だと思います。

これからも患者さんへ、身体拘束のない、安全・安楽な入院生活を提供できるように
スタッフ一同頑張ります。

2016年7月 5日 (火)

「お知らせ」メディカーサ国分中央・夏祭り開催について

メディカーサ国分中央では、入居されている方々、地域住民の皆様との交流の機会
として、夏のイベントを企画・実施しています。

そこで今回、夏のイベントとして「メディカーサ国分中央夏祭り」を企画しており
ます。

「かき氷・わたがし・駄菓子・焼きそば・フェイスヨーヨー」などの出店ブースや
「リハビリ室、栄養管理室、居宅介護支援事業所」などによる医療・介護の体験ブ
ースも併せて設ける予定となっています。

皆様とより良い交流の機会を持ちたいと思っておりますので、多くの方々のお越し
をお待ちしております。

日時:8月7日(日)13:00スタート
場所:メディカーサ国分中央正面玄関前
内容:かき氷・わたがし・駄菓子・焼きそば・フェイスヨーヨーなど出店
   リハビリ室、栄養管理室、居宅介護支援事業所などの体験コーナー

2016年6月29日 (水)

「認知症市民フォーラム2016」開催

「認知症市民フォーラム2016~地域で取り組む認知症~」と題しまして6月18日
に市民公開講座を開催いたしました。
講師には

九州大学院精神科神経科助教 
 ・小原 知之(おはら ともゆき)先生 

医療法人大誠会社会福祉法人久仁会理事長
群馬県認知症疾患医療センター内田病院センター長
 ・田中 志子(たなか ゆきこ)先生

お二方をお招きし、座長を当院理事長 藤﨑剛斎が務め、認知症に関する最新情報
や認知症ケアの具体的な内容や取組をご講演頂きました。

小原先生は、認知症の発症リスクを抑えるためにはどのようなことに気を付ければ
よいか、また、認知症を発症したときに使われるお薬の効果についてのお話をして
いただきました。
田中先生は、ご自身の病院理念である「ともに創り出す」「共に育む」「共に癒す」
をもとに、認知症にやさしい地域ネットワーク作りのため、現在、取り組んでいる
活動をご紹介していただきました。

公演終了後にご記入頂いたアンケート結果を掲載しておりますのでご参照ください。

01_3

02_2

03_2

2016年6月23日 (木)

企画経理部の紹介

こんにちは国分中央病院企画経理部です。

普段はあまり皆様と直接お会いする機会の少ない部署ですので、今回は少しだけ企画
経理部の紹介をさせていただきたいと思います。 

企画経理部という部署は、主に病院の収入・支出の管理を行っています。
企画経理部の年間要件の一つとして「決算」があります。
先日その「決算」作業が終わり、やっと一息つけたところです。
決算という言葉を聞くと「決算セール!」など楽しいイメージもありますが、企業と
して決算とは、とても緊張する業務になります。
決算は一年の経営成績を明らかにする非常に重要な業務であり、企業の通信簿と言っ
ても過言ではありません。
決算という報告書を正確かつスムーズに完了させるためには、日々の準備が重要です。

毎日の診療費を正確に記録し、いろいろな経費に無駄がないか、例えば、治療に必要
な薬品の購入や患者さんに提供する食事の食材は最適なものを選んで購入できている
かなど、お金の責任部門としてその都度、吟味しています。
その日々の積み重ねにより作り上げた記録を何度も精査してやっと「決算書」を作り
上げます。
 しかしここで終わりではありません!出来上がったものを、過去の決算書や経営計画
と見比べることにより経営状況を確認し、問題点や改善点を洗い出し、どうしたら
もっと成績が良くなるか考えていきます。 
みなさんにとって当院の決算は、直接は関係ないもののように見えますが、より良い
医療サービスを提供し続けるために、とても大切なものなのです。

当グループに関わる全てにおいて、地道なひとつひとつの積み重ねを通じて、真に
「霧島市民の皆さまから必要とされる病院」を目指していきますので、今後ともよろ
しくお願いします。